銀行のキャッシュカードではお金を借りることはできません

銀行のキャッシュカードでお金を借りることはできますか?

キャッシュカードは銀行口座に預金してある自分のお金をATMで出し入れする時に使うカードです。

 

残念ながら、キャッシュカードだけでは銀行からお金を借りることはできません。

矢印
キャッシュカード以外で安全にお金を借りられる方法を紹介します。

 

 

お金を借りる方法 − その1

カードローンでお金を借りる

 

カードローン

ローンと言うと、住宅ローンや自動車ローンなど、お金の使い道が限定されたローンがあります。

 

カードローンの場合は、家賃や旅行などに自由にお金を使うことができるローンです。

 

ローンの契約をするとカードが発行されるのでカードローンと呼ばれています。

 

カードローンの金利は、30日間無利息サービスがあったり、クレジットカードに比べて金利が低いので、支払う金利負担が少ないのが嬉しいですね。

 

カードローンの種類にもよりますが、平日 14時までにWeb契約が完了すれば、その日のうちに自分の口座に振り込んでもらうことも可能なので、すぐにお金が必要な人でも大丈夫です。

 

カードローンは、インターネット上で申し込みができますし、保証人も不要なのでお勧めです。

 

当サイトで利用者が多いカードローンランキング
プロミス

 

プロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすれば、30日間無利息で利用することができます。

 

次の給料日で返済できる人は利息を支払う必要がないので、特におすすめです。

 

学生や主婦の方でも、パートやアルバイトで安定収入があれば利用可能ですよ。(20歳以上69歳以下まで)

 

プロミス公式サイト

プロミス解説

 

 

 

三菱UFJ銀行

 

日本で最も有名な銀行といえば、三菱UFJ銀行ですよね。

 

銀行ならではの低金利が嬉しいです。

 

利用条件は、「安定収入のある20歳以上65歳未満の方」。パート・アルバイトでも安定した収入さえあれば問題ありません。

 

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン 詳細

 

 

 

アイフル

キャッシュカードでお金を借りる.com

 

アイフルは最大限度額800万円。日常的な用途としては充分な金額設定のカードローンです。

 

初回利用の30日間無利息サービス」がありますので、30日以内に返済できる人に特におすすめです。

 

20歳以上69歳以下で、安定収入のある方」ならば、申し込みOKです。

 

最短30分のスピード審査で、即日融資も期待できます。

 

 

カードローンのよくある質問

 

いくらまで借りられますか?

プロミスやアイフルの場合、総量規制の導入により個人の借入総額は、年収の3分の1までに制限されます。

 

すでに他社で借り入れをしている場合、その金額も含めて年収の3分の1が借入限度額になります。

 

三菱UFJ銀行の場合、最高500万円まで借りることができます。

 

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いは?

カードローン(プロミス・アイフル・三菱UFJ銀行)は毎月一定額以上を、振込み・引き落し・提携ATMなど複数の選択肢の中から自分で選択して返済できます。

 

一方、クレジットカードは翌月一括で全額(あらかじめ返済額を決めている場合はその額)を口座引き落しで返済します。

 

審査の際に、家や職場に在籍確認の電話はあるのでしょうか?

プロミスとアイフルの場合、審査のために電話がかかってきますが、個人名で「佐藤ですが、○○さんいますか?」のようにかかってきます。

 

また、本人が留守の場合は、電話を受けた人に借り入れしたことがバレるような質問はまずありませんので、気づかれることはないと思われます。

 

三菱UFJ銀行の場合、銀行名で電話をかけてきます。
カードローンの申込ということはバレませんが、銀行から電話がかかってきたということはバレてしまいます。

 

会社に電話が普段かかってくることが無いから怪しまれそうと不安な方は、「クレジットカードの申込をした」と話しておけば大丈夫です。

 

借りたお金はどうやって返すの?

銀行振り込み、口座振替、実店舗のATMだけでなく、提携ATMやコンビニATMなどからも返済できますので便利です。

 

利息はどれくらい返さないといけないの?

一般的には、「借入額×借入利率÷365×借入日数」 で計算できます。

 

例) 10万円を金利18%で30日間借りた場合の利息 100,000円×18%÷365×30日=1,479円

 

 

お金を借りる方法 − その2

クレジットカードでお金を借りる

 

クレジットカード

カードに VISA、MasterCard、JCB と書いてあるカードは、クレジットカードです。銀行によっては、クレジット一体型のキャッシュカードもありますね。

 

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。

ショッピング枠というのは買い物をする時に使える限度額のことです。
キャッシング枠というのは、借りることができるお金の限度額のことです。

 

キャッシングが可能になっているかどうかは、契約内容を確認する必要がありますが、専業主婦や無職の人はクレジットカードのキャッシングを利用できませんし、キャッシングが可能になっている人は少ないようです。

 

クレジットカードでお金を借りる(キャッシングする)場合、一般的なキャッシングとは違って、銀行やコンビニのATMで手数料がかかってしまいます。

 

返済時は、金利の分のお金も返すのですが、クレジットカードのキャッシングの場合は、だいたい金利が年15%〜18%になっています。例えば金利が年18%の場合、8月20日に10万円借りて、10月10日に返済する場合は、10万円の他に2,515円を金利分として支払います。

 

クレジットカードを持っていない人はこの方法では借りられません。また、クレジットカードを持っていても金利が高めだったり手数料がかかったりするので、お勧めできませんね。

 

金利が高くてもプロミスなどの消費者金融からは絶対にお金を借りたくないという人は、年会費無料で最短で即日発行してくれる「アコム マスターカード」のクレジットカードを持っておくと良いと思います。

 

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることについての詳細はこちら

 

 

お金を借りる方法 − その3

銀行の窓口でお金を借りる

 

銀行の窓口

身分証明書、源泉徴収票、印鑑、貯金通帳などを持って銀行の融資窓口で申し込みます。必要書類に提出してから5日〜10日程度で、お金を借りられるかどうかが分かります。

 

一般的に、銀行では低金利でお金を借りることができますが、審査に時間がかかることが一番の問題になっています。融資までに2週間程度かかっても問題ない人は、預金口座を持っている最寄りの銀行で相談してみると良いですね。

 

 

キャッシュカードとキャッシングでよくある質問

 

ゆうちょ銀行のキャッシュカードにキャッシング機能ありますか?

キャッシング機能をつけることが出来るのは、ゆうちょJPバンクカードのみです。

 

お持ちのキャッシュカードの表面に VIZA、MASTER、JCBというマークがなければ通常のキャッシュカードですので、クレジット・キャッシング機能が必要であれば、こちらのページから別途申し込みになります。

 

ろうきんのキャッシュカードでキャッシングは出来ますか?

お持ちの労金キャッシュカードが、労金マイプランも契約してあれば可能です。

 

キャッシュカードの預金引き出しのATM挿入向きの反対側を前に向けATMに挿入すれば、マイプランカードローンになります。

 

マイプランであれば、右左両方に矢印→←が書いてあると思います。

 

セブン銀行のキャッシュカードでキャッシングは出来ますか?

セブン銀行の口座を持っている場合は、ローンサービスを申し込むことができます。
セブン銀行のカードローンは、来店不要でWebで申し込みが完結します。

 

セブンイレブンに設置してあるATMで24時間365日、現金の借入れが可能なので便利ですね。

 

詳細は、セブン銀行カードローンのサイトをご覧ください。

 

 

ご利用は計画的に

浪費と節約の話

お金があるとすぐに無駄遣いしてしまう人と、日頃は節約に努めて貯金がたくさんある人のどちらが良いのでしょうか。

 

浪費しがちな人の考えはこうです。人はいつ死ぬか分からないんだし、お金は使わないと価値がないのだから使わなきゃ損。今を楽しむタイプです。

 

一方節約志向の人は、将来的に病気や大きな購入でお金を必要とした時に困らないように今のうちにお金を貯金しておくことで将来の安全を確保したいと考える人です。

 

どちらが正解というのはないかもしれませんが、自分の今の状態に納得できればそれで良いと思います。つまり、給料日前はお金がほとんどないけど、好きなもの買ったり遊んだりして毎日が楽しければ良いのであればそれで良いですし、日頃節約しておいて貯金の残高がどんどん増えて良ことに喜びをかじる人は、そのまま貯金を続ければ良いと思います。

 

日本は安全志向で貯金する人が多いと言われています。私もその傾向にありますが、死ぬまでにある程度使わないと貯金したままでは意味がありませんから、上手にお金を有効活用したいものです。

 

もし浪費癖のある人でも次の給料日に返済できる自信があれば、プロミスからお金を借りることで、なんとかやりくりできますよ。

 

 

キャッシュカードでお金を借りられたら

もし、キャッシュカードでお金を自由に借りることができるようになったら、どんな世界になるでしょうか。通常であれば融資を受ける前に審査を通過しなければなりませんが、ほとんど審査が無い状態で融資を受けることができれば、お金に困っている経営者は非常に歓喜するでしょう。

 

しかし、借りたお金はいつかは返済しなければなりませんから、その返済期日までに借りたお金を用意できるかが課題になってきます。借りたお金を返済する為に別の消費者金融から融資を受けていては、借金残高が膨らむばかりですし、取り立て屋に追われて生きた気がしない生活が続くかもしれません。

 

現行ではキャッシュカードでお金を借りることはできませんから、個人カードローンを発行してもらって、銀行や消費者金融の審査をきちんとパスしてから適切な金額を融資してもらうようにしましょう。

 

テレビCMでご利用は計画的にと言っていますが、本当にその通りで、キャッシュカードで無限にお金を借りることは不可能ですから、必要最小限で返済できる金額だけを借りるようにしましょう。

 

 

キャッシュカードはお金を借りるためのカードではありません

銀行に口座を解説している人の多くはキャッシュカードを発行してもらっていると思います。

 

キャッシュカードがあれば、銀行ATMやコンビニで自由に預金を引き出すことができるのですが、年配の人たちは窓口でお金を渡してもらわないと不安だと思って、キャッシュカードを持っていない人もいます。

 

キャッシュカードを持っていれば、預金残高以上のお金を借りることができるのではないか考える人もいるようですが、銀行のキャッシュカードは預金を引き出すためのカードで会って、預けている額以上のお金を引き出すことはできません。

 

つまり、銀行からお金を借りたい場合には、キャッシングを利用することになります。

 

キャッシングとは、銀行や消費者金融からお金を融資してもらうことで、生活費は遊ぶ金など自由な用途で使うことができます。ただし、融資を受けるためには、安定した収入があって返済できる見込みがなければいけません。

 

返済できそうにない人にもお金を貸していたら銀行は倒産してしまいますからね。

 

キャッシングの契約前に返済できそうかどうかが審査されます。以前は正社員でないと審査が下りないケースもありましたが、最近はフリーターや派遣社員も増えてきていますので、安定した収入を得られていると判断されれば、審査が通る場合が多いようです。

 

 

キャッシュカードは一人平均4枚持っている?

通常、1つの銀行に1つの口座しか作れませんから、キャッシュカードを4枚持っているということは、4つの銀行の口座を持っているということになります。

 

人によっては用途に応じて銀行口座を使い分けている場合があるようです。
例えばこんな感じです。

  • 給料が振り込まれる口座
  • 旅行や習い事のために貯金している口座
  • 長期的に預金するための口座

 

 

 

キャッシュカードで借り入れできる場合もある

通常のキャッシュカードではお金を借りることはできませんが、「クレジットカード機能が付いているキャッシュカード」や「カードローン機能が付いたキャッシュカード」なら、お金を借入することができます。

 

クレジットカード一体型キャッシュカード

クレジットーカード機能が付いているキャッシュカードの場合、クレジットカードのキャッシング枠が有効になっているかどうかがポイントです。ショッピング枠しかないカードでは、お買い物はできますが、お金を借入することはできませんので、キャッシング枠が有効になっている必要があります。

 

カードローン機能付きキャッシュカード

みずほ銀行や三井住友銀行では、カードローン機能付きのキャッシュカードがあります。ただし、カードローンには金融機関による審査がありますので、他社からの借り入れ状況や年収などの個人信用情報を基に調査され、審査が通らないとカードローン機能付きキャッシュカードを発行してもらえません。

 

 

プロミス

 

プロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすれば、30日間無利息で利用することができます。

 

次の給料日で返済できる人は利息を支払う必要がないので、特におすすめです。

 

学生や主婦の方でも、パートやアルバイトで安定収入があれば利用可能ですよ。(20歳以上69歳以下まで)

 

 

三菱UFJ銀行

 

日本で最も有名な銀行といえば、三菱UFJ銀行ですよね。

 

銀行ならではの低金利が嬉しいです。

 

利用条件は、「安定収入のある20歳以上65歳未満の方」。パート・アルバイトでも安定した収入さえあれば問題ありません。

 

 

問い合わせフォーム
名前*
メールアドレス*
この画面のURL*
お問い合わせ内容*