プロミス

プロミスの審査の流れ

プロミスは最短1時間で借入できる当サイト一番人気のカードローン

申し込みはWEBで対応できるので、自宅からでも職場からでも簡単に申し込みができるようになっています。

 

身分証明書もWEBアップロードでOKです。

 

平日14時までのWEB契約完了で即日振込も可能で、全国の無人契約機やコンビニATMで返済できるのでとても便利な業者です。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。

 

 

プロミスのおすすめポイント

 

  • 申し込みから審査、融資まで全てWEBで完結

    ※書類の不備などによっては希望に添えない場合があるようです

  • 30日間無利息キャッシング

    ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。

  • 平日14時までのWEB契約完了で指定口座に即日振込が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでもOK
  • 14時以降・土日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資が可能
実質年率 年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間
月々の返済 2,000円〜
保証人の有無 不要
在籍確認 電話

プロミスはこちら

 

 

プロミスの審査の流れ

 

あらかじめ準備しておくもの

運転免許証(運転免許証またはパスポートが必要)
※外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書含む)が合わせて必要
※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
※個人事業主の方は確定申告書(写し)が必要
※収入証明書→源泉徴収票、確定申告書、給与明細書

本人確認書類が申し込み住所と異なる場合は、下記の書類も用意しておきましょう。

  • 公共料金の領収書(携帯電話の領収書は×)
  • 社会保険の領収書
  • 国税・地方税の領収書
  • 納税証明書

 

WEBで申し込み

プロミスの公式サイトから申し込みをします。
上記の書類を携帯電話などで撮影し、WEB上にアップロードします。

この時、現在の年収や借り入れ状況は正直に申告しましょう。
虚偽記載しても審査の際にバレてしまうので不利に働く可能性があります。
また、撮影したデータは大事な部分がぼやけていないかなども確認しておきましょう。
住所などの文字がぼやけて確認し辛い時は再提出となります。

 

在籍確認

プロミスの在籍確認は必ず電話で行われます。

 

在籍確認の際は、会社名で電話がかかってくる訳ではなく、担当の方が個人名で電話をかけてくるため、カードローンの審査ということが職場にバレることはありません。

 

仮に電話に出られなくても、在籍しているということがわかればOKです。

 

書類で在籍確認を認めてくれるカードローンもある

プロミスは元々、会社に電話連絡が来て欲しくない人に対しては、給与明細や社員証の写しなど、会社に在籍しているものを提出すれば在籍確認を認めてくれていましたが、今は書類での在籍確認は認めておらず、必ず電話で在籍確認を行うようになっています。

 

ですが、口コミでは電話連絡なしで借入できたという口コミもあり、給与明細などの提出で在籍確認を認めてくれる可能性もあるようです。

 

どうしても在籍確認の電話を避けたいという方は、審査申込後、オペレーターに書類の提出で在籍確認を認めてくれないか相談してみましょう。

 

また、書類の提出で認められるという場合、偽造した書類を提出しようとする方もいるようですが、審査に落ちるばかりか、最悪の場合は私文書偽造の詐欺罪にあたるため、絶対にやめましょう。

 

審査完了

これだけで審査は完了です。審査に通過すればメールで連絡があり、平日14時までに契約が完了していれば即日振込も可能です。

 

また、平日14時を過ぎていたり、土日に融資を受けたい方は、WEB契約完了後に、全国にあるプロミスの無人契約機か、三井住友銀行のローン契約機に行くと、その場でローンカードを発行してくれて、その場で融資を受けることができます。

 

無人契約機は9時〜22時(※一部21時)まで空いているので、近くに契約機がある場合は余裕を持って申し込みすることができます。

プロミスはこちら

 

 

プロミスで即日融資を受ける方法

 

プロミスで即日融資を受けたいという人のためにかなり親切なサービスをしてくれています。
まず、平日14時までにインターネットで審査申込から契約まで終わらせることで、指定口座へ振込融資も可能です。

 

15時を過ぎてしまって、銀行の営業時間が終わってしまうと、振込をしてもらっても、反映が翌営業日の反映となるため、その日のうちにお金を引き出すことができません。

 

その場合は、インターネットで審査完了後、無人契約機に行ってローンカードを発行することで、ATMからお金を引き出すことができます。プロミス自体は、審査は21時まで行なっていて、無人機も9時〜22時(一部21時)まで開いているため、20時までに申込をして審査を終わらせれば、その日のうちに借入ができます。

 

 

土日に即日融資を受ける

 

また、プロミスは、土日でも即日融資を受けることができる数少ない消費者金融です。土日に即日キャッシングするには、いくつか注意点が必要です。

 

  • 銀行が営業していない
  • 会社が休みの場合は在籍確認がとれない

 

銀行が営業していない

土日は銀行が営業していないため、基本的には振込融資での即日融資は不可能です。振込で申込をしてしまうと、翌営業日の反映となるため注意しましょう。

 

土日に即日融資を受ける場合は、必ず振込ではなく、無人契約機でローンカードを発行する旨をオペレーターに伝えておきましょう。

 

無人契約機なら、年中無休(年末年始除く)で9時〜22時(一部21時)まで開いているため、直接行ってカードを発行することで、ATMからお金を引き出せるようになり、即日融資ができるようになります。

 

インターネットバンキングなら振込も可能

例外として、プロミスの場合、三井住友銀行か、ジャパンネット銀行のインターネットバンキングがあれば、土日でも振込融資を受けることができます。

 

この2社は、プロミスと提携しているため、「瞬フリ」というサービスを利用することができ、24時間最短10秒で振込みが可能です。

 

そのため、プロミスの営業時間内に審査を完了させて、口座に振込してもらえば、入金が反映されるので、土日でも即日振込が可能となっています。

 

いずれにせよ、審査を当日中に終わらせなければいけないため、プロミスの審査時間も考えて、20時までには申し込みを完了させておきたいところです。

 

会社が休みの場合

土日に申込をした場合、在籍確認をしようと思っても、会社が休みで誰も電話に出ないため、在籍確認がとれず審査が終わらないというケースはとても多いです。

 

そのため、わざわざ休日出勤して自分で電話に出て在籍確認を済ませる必要があります。

 

プロミスは、書類で在籍確認を済ませることができた時もあったのですが、今は必ず電話での在籍確認が必須となっているため、土日に借入する場合は、会社に行って電話に出る事で土日でも在籍確認をクリアすることができます。

 

プロミスはこちら

 

 

 

即日融資を受ける際の注意点

 

プロミス 簡単入力でお申し込み フル入力で申し込み

 

プロミスで即日融資を受けたいという方は、申込時に1点注意が必要です。

 

プロミスは、現在申し込み方法が2つあって、「カンタン入力申込」と「フル入力申込」に別れています。

 

プロミス側は、「急ぎの方はカンタン入力申込が便利」と、カンタン入力申込を推奨しているのですが、実は審査時間は「フル入力申込」の方が短く、即日融資を受けれる可能性が高いです。

 

カンタン入力申込は、申込時に入力項目が少ないため、一見素早く申し込みができると思ってしまうのですが、実は、足りない項目に関しては、カンタン入力申込の後に、オペレーターから電話がかかってきて、詳細を聞かれます。

 

電話を受けて、全て答え終わった後に審査開始となるため、ネットで全て入力して申込をするとすぐに審査が始まるフル入力申込の方が審査時間は短くなります。

 

カンタン入力申込の方が審査が速いイメージがありますが、急ぎの方はフル入力申込の方が審査は速いので、間違えないように注意しましょう。

 

 

返済方法

 

プロミスは基本的に毎月一定日にローンカードで返済を行います。ローンカードは全国の無人契約機、または、対応のコンビニATMでも返済することができます。

 

対応ATM

コンビニATM セブン銀行 ファミリーマート ミニストップ スリーエフ デイリーヤマザキ ポプラ ローソン

 

プロミスはこちら

 

 

「三井住友VISAプリペイド」へのチャージによる借り入れに対応

 

プロミスは、借り入れの際に、「三井住友VISAプリペイド」にチャージする形で借り入れできるサービスを開始しました。

 

ローンカードを作るのではなく、三井住友VISAプリペイドカードを発行し、そのプリペイドカードにお金をチャージする形で利用できるため、クレジットカードのように、VISAが使えるお店で使用できるので、カードローンを利用しているということが家族や知人にバレる心配がありません。

 

プリペイドカードの発行には時間がかかるため、即日融資を希望している方は普通のローンカードを発行した方が審査時間が短く即日融資が受けれるためおすすめですが、急ぎでない方で、家族にカードローン利用がばれたくない方は、三井住友VISAプリペイドを発行して、そのカードへのチャージで借り入れすることで、カードローンを利用するという選択もできるようになりました。

 

 

プロミスのまとめ

 

プロミスはキャッシング業者の中では最もオススメのカードローンだと思っています。特に、

「小額の融資を受けたい」

 

「即日でキャッシングしたい」

という方にとってはプロミス一択でも良いと考えています。

 

プロミスはとにかく申し込みから審査、振込までの対応がとてもスムーズです。

 

他の業者を見てもほとんど差はないかもしれませんが、プロミスの無人契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機でも借入や返済ができるのが利便性も高くおすすめです。

 

急いで借入するときに無人契約機が無いと隣駅まで走ることになりかねません。

 

そう考えると少しでも無人契約機の店舗数が多い業者で借入したほうが後々便利です。

 

以上の理由から、当サイトではプロミスを一番おすすめしています。

 

プロミスはこちら

 

 

プロミスのQ&A

 

プロミスに関してよくある質問をまとめています。申し込み前に参考にしてください。

プロミスで家族にバレずに借入できますか?

プロミスは家族にバレずに借入することができます。
通常の流れで申し込みしてしまうと、ローンカードが郵送で自宅に届くため、家族にバレる恐れがありますし、融資も振込融資なので、銀行の通帳を見られたらバレてしまう恐れがありますが、インターネットで審査通過後、振込融資ではなく、無人契約機でローンカードを発行して、その場でATMからお金を引き出す方法で融資を受ければ、ローンカードが自宅に郵送で届くもないし、口座にお金が振り込まれることもないので、カードさえ見つからなければ家族にバレることはありません。

プロミスはブラックでも借入できますか?

プロミスはブラックの方が借入することは難しいです。

 

しかし、ブラックでも条件次第では借入することは可能です。その条件とは、過去に債務整理によってブラックリストに載ったのであれば、債務整理後5年以上経過していて、すでに債務を返済していれる状態で、かつ現在安定した職についていれば、借入できる可能性は高いです。

 

信用情報の記録は5年で消えるため、事故情報がすでに消えているからです。

 

逆に、事故情報が記録されてから、5年以内であれば、プロミスで審査に通過する可能性はかなり低くなります。申し込みしてもいいかもしれませんが、恐らく審査には落ちるでしょう。

 

専業主婦でも借入はできますか?

いいえ、プロミスは専業主婦の方の借入はできません。

 

プロミスだけではなく、消費者金融には、総量規制という規制があるため、年収の3分の1を超える貸付を行う事ができません。残念ながら、専業主婦の方は、無所得者として扱われるため、消費者金融では借入ができないか、旦那様を保証人にする必要があります。

 

プロミスなどの大手の消費者金融では、旦那様を保証人にするなら、旦那様が申し込めばいいという考え方から、専業主婦の方に貸付を行っていない会社がほとんどです。

 

ただ、専業主婦の方は全く借りれないのかというとそうではなく、銀行のカードローンなら借入することができます。銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、所得が無くても借入することができるからです。

パート・アルバイトでも借入できますか?

はい、プロミスは、パート・アルバイトでも借入することができます。

 

きちんと毎月安定した収入があれば、それに応じた額の借入ができますので、一度申し込んでも大丈夫です。

学生でも借入することはできますか?

プロミスは学生でも融資を受けることは可能です。

 

ただ、アルバイトなどで安定した収入があることと、年齢が20歳を超えている必要があります。なので、未成年の学生の方は申し込みできません。

 

20歳以上でアルバイトをしている方なら融資を受けることができます。

 

プロミスはこちら